体を温める飲み物はほうじ茶。ほうじ茶の効果は?なるほどマスカレッジ

未分類

寒い時に体を温めてくれる温かい飲み物。

ZIPの人気コーナー
なるほどますカレッジで
体を温める飲み物を
桝さんが教えてくれました!

スポンサーリンク

ZIPの人気コーナー
桝さんのなるほどマスカレッジ。
2/7の放送では、寒さから身を守る方法を検証していました。
その中でも、私が気になったのは、冷え切った体を温める飲み物。

ココア、しょうが湯、コーヒー、紅茶、ほうじ茶
この5種で検証していました!

検証するときの体温は36.5℃で
飲み物の温度は60℃で200cc飲み干して、
その後の体温を比較するというもの。

コーヒーは飲んだ後も体温は変わらず。
コーヒーに含まれるカフェインは多量に摂取すると体を冷やす効果があるんです。
なので、飲みすぎると逆に体温が下がってしまいます。

紅茶は0.5℃の体温上昇。

ほうじ茶は0.6℃と紅茶より0.1℃アップ。
ほうじ茶の香り成分「ピラジン」には血流を促し、体温を上昇させる効果があります。

ココアは0.4℃アップ。
ココアに含まれるカカオポリフェノールには血流促進や体温を上昇させる効果があります。

スポンサーリンク

しょうが湯は0.1℃アップ
生姜には乾燥、加熱するとショウガオールという成分が生じて、
身体を温める効果があります。
ただ、生姜は沸騰した高温のお湯で煮るとショウガオールが壊れてしまい、
今回の検証では沸騰したお湯で煮込んで生姜湯を作ってしまったため
ショウガオールの効果があまり見られなかったようです。
しょうが湯を作るときは、
80℃~100℃でじっくり加熱したほうが、体温上昇が期待できるということでした。

結果をまとめると
1位 ほうじ茶 +0.6℃
2位 紅茶 +0.5℃
3位 ココア +0.4℃
4位 しょうが湯 +0.2℃
5位 コーヒー +0℃

以上の結果となりました。

しょうが湯をきちんとした温度で作っていたら、
また順位が変わっていたかもしれないですね。

また、コーヒーには利尿作用があるので、
コーヒーを飲みすぎるとトイレが近くなるんですよね。

寒くなってから、ついつい温まるためにと
コーヒーを頻繁に飲んでいたんですが、
身体も温まらず、トイレも近くなるって
まさにその通りだったなと実感しました!

温かいほうじ茶や、しょうが紅茶がよさそうな感じですね。

温かい飲み物を飲んで、寒い冬を乗り切りたいですね!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました